2012年9月5日水曜日

外部ディスプレイに無線で接続 〜 AirPlay Mirroring 〜


Mac OS X 10.8 の新機能、AirPlay Mirroring の実験です。
Mountain Lion 登場から大分経ちましたが、ようやく対応機種を購入しました。

AirPlay Mirroring は Mac の外部映像出力(ミラーリングモード)をWiFi で経由でApple TV に飛ばすことができます。
対応機種は、簡単に言うと、Core-i 世代のようです。
http://support.apple.com/kb/HT5404?viewlocale=ja_JP


AirPlay Mirroring に必要なものは、、、

Apple TV:TV に接続するアダプタです。第2世代(黒いやつ)以降が必要です。
     (家のは720p の旧型なので、OS のアップデートが必要でした。)

TV:普通の家庭用TV です。Apple TV は HDMI の出力しかないので、HDMI 入力が必須。

無線LAN ルータ:Apple 製である必要はありません。今回は新しくなったAirMac Express を購入しました。Apple TV と同じサイズです。

無線でのディスプレイ接続は一種の理想系ですが、遅延やフレームレート、解像度など、なかなか実用レベルのものがありませんでした。

AirPlay Mirroring はどうでしょうか? YouTube 動画再生と、Quartz Composer を使用したときの画面を撮ってみたので、参考にしてください。






周囲の音に合わせてVJ をするような用途には向きませんが、かなり良い線いってるとおもいます。


0 件のコメント:

コメントを投稿